×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

発酵の豆知識

発酵の歴史は非常に古く、発酵食品の誕生というのは7000年前、8000年前とも言われています。
こちらでは、そんな発酵の豆知識をご紹介致します。

「腐敗」と「発酵」の違い

腐敗と発酵の違い、それは微生物が要因となっています。微生物にはカビや細菌、酵母などの様々な種類が存在しています。そのような様々な種類の微生物の働きによって人に役立つもの、食べられるものを「発酵」と言い、人にとって有益ではない、食べられないものを「腐敗」と言うのです。

例えば、牛乳に腐敗菌が入ると、悪臭がしてしまい食べられない状態になります。しかし、その牛乳に乳酸菌が入ると、腸の働きを整えてくれる美味しいヨーグルトになります。つまり、世の中にある味噌や納豆、醤油、麹、甘酒といった発酵食品は全て、微生物の働きによって美味しく食べることができるのです。

発酵の利点

食品を発酵させると、元の食品とは異なった利点が生まれます。発酵の過程で酵母や菌、酵素の働きが活発になり栄養価が高まり、微生物の活発な働きによって消化吸収が良くなります。また、食材によっては保存性が高まる場合もあります。さらに、元の食品とは異なった独特の美味しさが生まれるのも発酵食品の利点と言えます。

特に味噌や甘酒などは、元の食品の良さをベースにしつつ、独特の美味しさになっている発酵食品と言えます。上記のような利点がある発酵させた食品は健康維持や美容目的に食べるのはもちろん、便秘解消、妊婦さんの体調を整えるのにも役立てることができます。

弊社では、味噌や乾燥麹、もろみなどと共に、甘酒の販売を行っております。

弊社で販売している甘酒は砂糖不使用で食品添加物も一切使用しておらず、使用している米麹も手作りにこだわることで強い甘みを実現しております。また甘酒のアルコール分ゼロとなっておりますので、お子様や妊婦さんも安心してお飲み頂けます。美味しい甘酒をお探しであれば、是非弊社の甘酒をお買い求めください。