×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

こうじ甘酒と酒粕甘酒の違い

こうじ甘酒と酒粕甘酒の違い

甘酒は大きく分けて2種類存在します。

まず一つは酒粕ベースの甘酒

酒粕とは、こうじを醗酵熟成させ日本酒等を精製した際に残る固形の副産物です。
醸造メーカーからすれば、お酒を作る度に発生する酒粕に砂糖等で甘味を付けることにより、酒粕を産業廃棄物として処分することなく非常に安価な甘酒として販売することができます。

この甘酒の特徴として
・安く作れる(砂糖もお米より安い)
・日本酒精製の際にお米を絞るのでミネラル分が減っている
・食物繊維が豊富
・糖類を加える為、カロリーが高い
・アルコールが残っている
・甘味の主成分がショ糖

マルクラ塩こうじレシピ

もう一つはこうじベースの甘酒

これが近年注目されている伝統的な甘酒です。
こうじと蒸したお米のみを醗酵熟成させ、こうじの消化酵素によりお米のでんぷんがブドウ糖に分解されたものを言います。
甘味の主成分がショ糖ではなくブドウ糖なので飲む点滴とも言われています。

この甘酒の特徴として
・こうじとお米のみで作るので割高
・お米のミネラル分がそのまま残っている
・糖類を使わないのでカロリーが低い
・食物繊維が少ない
・アルコール分は完全にゼロ
・甘味の主成分がブドウ糖

こうじ甘酒と酒粕甘酒の違い

以上のような理由から見た目は似ている甘酒でも、味や価格は大きく違ってきます。

アルコールの苦手な方やお子様でも安心してお召し上がり頂ける、お米のみで作った弊社の「ノンアルコール」甘酒。
夏場の食欲不振時に飲むだけでお米の栄養価が摂れ、夏バテ防止にもなる弊社の「飲む点滴」甘酒。

是非一度お試しください。