マルクラ食品

甘酒をはじめとし、こうじやもろみ・白味噌の販売 



 

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

宅急便コレクト お届け時カード払い このページでのご注文は、代金引換のみの取り扱いとなります。
現金、カード両方使用可能ですが、一括払いのみです。

↓分割払い、Tポイントを溜めたいという方はこちら↓
ネットポイントマルクラ食品Yahoo店
(yahoo IDが必要です)
今後、熨斗あり・贈り物セット等もこちらから注文可能とする予定です。
海外出荷も検討中です。 
 
HOME»  甘酒でダイエットをする際の注意点

甘酒でダイエットをする際の注意点

有玄甘

世の中には様々なダイエット法がありますが、近年注目を集めているのが「甘酒ダイエット」です。

しかし、その甘酒ダイエットを行う際には、注意して頂きたい点がいくつかございます。


甘酒の種類

別ページでもご紹介しましたが、甘酒には酒粕から作られたものと、米麹から作られたものがあります。確かにどちらも栄養価はとても高いのですが、酒粕ベースの甘酒は砂糖を多く使用するためカロリーは圧倒的に米麹ベースの甘酒よりも高くなっています。

つまり、甘酒でダイエットを行う際にはカロリーが高い酒粕ベースの甘酒よりも、米麹ベースの甘酒が効果的なのです。そのため、甘酒でダイエットを行う際には、甘酒の種類を確認して米麹ベースの甘酒を選択するようにしましょう。


温めすぎない

甘酒にはビタミンB群が豊富に含まれています。このビタミンB群はダイエットに欠かせない物質なのですが、熱に弱いという性質を持っています。ですから、甘酒を温めすぎてしまうと、ダイエットに必須なビタミンB群が失われてしまうのです。甘酒を温めて飲む場合は、温めすぎないように注意しましょう。


1日1杯を目安に

栄養が豊富に含まれており、なお且つ、カロリーが低い米麹ベースの甘酒は、健康や美容に有効的となっていますので、たくさん飲みたいと考えている人もいらっしゃるでしょう。しかし、たくさん甘酒を飲み食事も3食きっちり食べてしまうと、どうしてもカロリーの摂りすぎになってしまいます。それではダイエットの意味がありませんので、甘酒は1日1杯を目安にして、3度の食事も腹八分目を心がけるようにしましょう。


甘酒でダイエットを行う際には、上記の点に注意して行うようにしましょう。

弊社では、有機米を使用した甘酒の販売を行っております。弊社の甘酒はノンアルコールの甘酒になっていますので、お酒が苦手な方でも美味しく頂けます。ダイエットや美容のために甘酒を飲みたいとお考えの方は、是非弊社の甘酒をお買い求めください。



甘酒のご注文はこちら


甘酒に関するコンテンツ
 ・こうじ甘酒と酒粕甘酒の違い
 ・あま酒の栄養素を効果的に摂取できる飲み方
 ・おいしい甘酒を使ったレシピ
 ・塩麹、甘酒が持つ魅力
 ・あま酒についての豆知識
 ・こんな人に飲んでほしい甘酒
 ・甘酒に含まれる「レジスタントプロテイン」とは?
 ・甘酒の美容効果
 ・甘酒で健康的なダイエット
 ・甘酒でダイエットをする際の注意点
 ・妊婦さんにもおすすめの甘酒
 ・あま酒は身近にある電化製品や道具で作れる!

こうじに関するコンテンツ
 ・発酵食品と塩麹の効果
 ・乾燥麹についての基礎知識
 ・発酵の豆知識
 ・ブームになった麹
 ・健康志向の方にオススメの米麹・美容効果
 ・塩こうじレシピ
 ・塩麹を使ったレシピ
 ・塩こうじを手作りするメリット
 ・塩こうじを作る時、利用する時の注意点
 ・こうじ菌の種類と特徴
 ・米こうじと玄米こうじの違い

味噌に関するコンテンツ
 ・味噌の種類
 ・赤味噌と白味噌の使い分け
 ・日本の食卓に欠かせない味噌と、もろみ味噌
 ・もろみを使った簡単レシピ
 ・美味しい味噌汁を作るには
 ・味噌の歴史
 ・調味料を入れる順番にまつわる知識

弊社マルクラ食品に関するコンテンツ
 ・ご挨拶
 ・有機食品の魅力
 ・通販を利用するメリット
 ・産地証明書及び非遺伝子組み換え証明書
 ・マルクラ米麹の作り方:1日目(ブログ記事)
 ・マルクラ米麹の作り方:2~4日目(ブログ記事)