マルクラ食品

甘酒をはじめとし、こうじやもろみ・白味噌の販売 



 

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

宅急便コレクト お届け時カード払い このページでのご注文は、代金引換のみの取り扱いとなります。
現金、カード両方使用可能ですが、一括払いのみです。

↓分割払い、Tポイントを溜めたいという方はこちら↓
ネットポイントマルクラ食品Yahoo店
(yahoo IDが必要です)
今後、熨斗あり・贈り物セット等もこちらから注文可能とする予定です。
海外出荷も検討中です。 
 
HOME»  あま酒の栄養素を効果的に摂取できる飲み方

あま酒の栄養素を効果的に摂取できる飲み方

白甘

様々な栄養素が豊富に含まれている「あま酒」。
そんなあま酒の栄養素を効果的に摂取したいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

こちらでは、そのあま酒の栄養素を効果的に摂取できる飲み方についてご紹介致します。


効果的な時間帯は?

あま酒の栄養素を効果的に摂取したいという方は、朝の時間帯に飲むことがおすすめです。朝は、これから活動する時間に必要なエネルギーを蓄える時間でもあります。あま酒には、頭を使ったり体を動かしたりするための「エネルギー」となる栄養素が豊富に含まれています。そのため、あま酒を飲み栄養補給することで1日を元気に過ごすことができるでしょう。

なかには、夜寝る前に飲むという人もいらっしゃると思いますが、消化のことを考慮するとやはり朝の時間帯に飲むことが望ましいと考えられます。また、朝食の重要性は知っているがカロリーが気になるという方も、朝食の代わりにあま酒を1杯飲んで健康管理に役立ててみてはいかがでしょうか。


温める?冷やす?

そして、あま酒の栄養素を効果的に摂取できる飲み方としては、温めて飲むことが挙げられます。たしかに、温かいままでも冷たいままでも、あま酒の栄養分にほとんど変わりはありませんが、あま酒を温めて飲むことには多少のメリットがあります。

それは、温かい飲み物で体を温めるということです。別ページでもご紹介しましたが、体を温めることで、体内の熱を発生させるために消費するエネルギーを抑えることができます。それによって、エネルギーを他の働きに消費することができるようになり、あま酒の栄養素も効果的に吸収されるようになるのです。

あま酒を温めて飲む際は、生姜汁を入れるとさらに体を温めることができますので、栄養素を効果的に吸収したいとお考えの方は、生姜汁も試してみてください。


弊社では通販にて、有機米を使用した玄米あま酒の販売を行っております。美味しいあま酒を飲みたい、栄養価の高いあま酒を飲みたいとお考えの方は、是非弊社の玄米あま酒をお買い求めください。



甘酒のご注文はこちら


甘酒に関するコンテンツ
 ・こうじ甘酒と酒粕甘酒の違い
 ・あま酒の栄養素を効果的に摂取できる飲み方
 ・おいしい甘酒を使ったレシピ
 ・塩麹、甘酒が持つ魅力
 ・あま酒についての豆知識
 ・こんな人に飲んでほしい甘酒
 ・甘酒に含まれる「レジスタントプロテイン」とは?
 ・甘酒の美容効果
 ・甘酒で健康的なダイエット
 ・甘酒でダイエットをする際の注意点
 ・妊婦さんにもおすすめの甘酒
 ・あま酒は身近にある電化製品や道具で作れる!

こうじに関するコンテンツ
 ・発酵食品と塩麹の効果
 ・乾燥麹についての基礎知識
 ・発酵の豆知識
 ・ブームになった麹
 ・健康志向の方にオススメの米麹・美容効果
 ・塩こうじレシピ
 ・塩麹を使ったレシピ
 ・塩こうじを手作りするメリット
 ・塩こうじを作る時、利用する時の注意点
 ・こうじ菌の種類と特徴
 ・米こうじと玄米こうじの違い

味噌に関するコンテンツ
 ・味噌の種類
 ・赤味噌と白味噌の使い分け
 ・日本の食卓に欠かせない味噌と、もろみ味噌
 ・もろみを使った簡単レシピ
 ・美味しい味噌汁を作るには
 ・味噌の歴史
 ・調味料を入れる順番にまつわる知識

弊社マルクラ食品に関するコンテンツ
 ・ご挨拶
 ・有機食品の魅力
 ・通販を利用するメリット
 ・産地証明書及び非遺伝子組み換え証明書
 ・マルクラ米麹の作り方:1日目(ブログ記事)
 ・マルクラ米麹の作り方:2~4日目(ブログ記事)